先制弾の原口、悪夢の逆転負けに悔し涙 「もっとこのチームで前に進みたかった」

先制弾の原口は逆転負けに悔し涙を流した【写真:Getty Images】
先制弾の原口は逆転負けに悔し涙を流した【写真:Getty Images】

W杯初ゴールで均衡破るも「個人としても一歩足りなかった」

 悔し涙が止まらなかった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「悔しいですけど……もっとこのチームで前に進みたかったですし、終わってしまったのが悔しいです」

 衝撃的な逆転負けに涙を流したFW原口元気は試合後、言葉を振り絞った。

 現地時間2日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のベルギー戦、先発出場した原口は0-0で迎えた後半3分に試合の均衡を破る一撃を決めた。MF柴崎岳からのスルーパスに右サイドを抜けると、右足を一閃。自身にとってのW杯初ゴールで先制に成功した。

 対峙したMFヤニック・カラスコとのマッチアップで足をつらせながらも必死に走り続け、同36分にMF本田圭佑との交代でピッチを去った。

「難しかったですし、圧力をかけてきたなかで僕らが耐えきれなかった。最後まで全員が必死にやっていましたけど、チームとしても個人としても一歩足りないのかなというのがあります」

 終盤にギアを上げてきたベルギーに対抗できなかったと、原口は素直に認めた。

「さっきも言ったように、このグループでもっとやりたかったし、必ずベスト8に行けると信じてやっていたので、悔しさしかないですけど、また立ち上がらなければいけないですし、ここからこういう壁を越えていけるように頑張ります」

 衝撃の大逆転負けに悔しさを露わにした原口は、この涙を成長の糧にすることを誓った。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング