千両役者ネイマールが決勝弾 ブラジルがメキシコ撃破で8強、日本が勝てば準々決勝で対戦

1得点1アシストの活躍を見せたネイマール【写真:Getty Images】
1得点1アシストの活躍を見せたネイマール【写真:Getty Images】

序盤はメキシコペースも、徐々に王国ブラジルが巻き返し

 ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦、サッカー王国ブラジルとメキシコの一戦が現地時間2日に行われ、エースFWネイマールが1得点1アシストの活躍を見せたブラジルが2-0で勝利。7大会連続でベスト8に駒を進めた。

 ブラジルはグループリーグ最終戦セルビア戦の前半にプレー続行不能を訴えて交代となったDFマルセロがベンチスタートで、DFフェリペ・ルイスがスタメン。右サイドバックもDFダニーロが復帰できず、DFファグネルが継続起用された。一方のメキシコは、中盤に39歳のベテランで5大会連続出場のMFラファエル・マルケスが先発メンバーに入った。

 序盤はメキシコが主導権を握る展開。中盤でのセカンドボール回収でブラジルを上回り、両サイドを使った攻撃でゴールに迫った。それでもブラジルは徐々にリズムを取り戻し、ペナルティーエリア内に侵入する回数を増やしていった。しかし、双方ともに決定機と呼べるほどのビッグチャンスを作り出すには至らず、前半は0-0のまま終了した。

 後半は立ち上がりからゲームが動いた。ブラジルは左コーナーキックからネイマールとMFフィリペ・コウチーニョが短くつなぎ、コウチーニョがドリブルでするするとゴール前へ。至近距離からシュートを放ったが、メキシコGKギジェルモ・オチョアのファインセーブで先制はならず。一方のメキシコも相手コーナーキックからのカウンターで一気にブラジル陣内を切り裂くと、DFヘスス・ガジャルドがゴール正面から打ったが枠を外れた。パスの選択肢もある場面で、大きなチャンスを逃した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング