日本はW杯16強も「答えを見出せていない」 ベルギーの“4-0”完勝と英紙予想

日本にとっては史上初となるベスト8を懸けた一戦を前に、英紙が独自の展望と結果予想を報じた【写真:Getty Images】
日本にとっては史上初となるベスト8を懸けた一戦を前に、英紙が独自の展望と結果予想を報じた【写真:Getty Images】

オッズも紹介、日本勝利「10倍」に対しベルギー勝利は「1.4倍」

 日本代表は現地時間2日にロストフで行われるロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で、ベルギーと対戦する。日本にとっては史上初となるW杯ベスト8を懸けた運命の一戦を前に、英紙「テレグラフ」が独自の展望と結果予想を報じた。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 まず同紙は両チームのスタメンを予想。

 日本はグループリーグ最終戦のポーランド戦では先発から外れたMF香川真司、MF乾貴士、MF長谷部誠らが復帰するとし、第1戦コロンビア戦と第2戦セネガルと同じ11人による4-2-3-1と予想された。

 一方のベルギーは3-4-2-1で、こちらも第3戦では先発を外れたFWエデン・アザール、FWロメル・ルカク、MFケビン・デ・ブライネがスタメン復帰。GKティボー・クルトワ、MFヤニック・カラスコ、FWドリース・メルテンスら錚々たる顔ぶれが並ぶ。

 オッズも紹介されており、ベルギー勝利は1.4倍、日本勝利は10倍、引き分けが4.5倍と圧倒的にベルギー優勢となっており、結果予想も4-0でベルギーの完勝とされた。

 強さ、ビジョンなどすべてを兼ね備える“黄金世代”のベルギーに対し、日本はまだ「答えを見出せていない」とされ、「今大会ではここまで悪くないパフォーマンスを見せているが、素晴らしいとまではいかない」と評価。白星を飾ったグループリーグ初戦のコロンビア戦も、試合のほとんどを数的優位で戦った結果で、それ以降の2試合では“特別”なプレーは見せられていないとした。

「我々が間違っていることを証明してほしい」と述べながらも、ベルギーが難なくベスト8に進むと予想した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング