神戸加入のイニエスタ、スペイン代表引退を表明 「素晴らしい物語はここで終わる」

イニエスタがスペイン代表引退を表明した【写真:Getty Images】
イニエスタがスペイン代表引退を表明した【写真:Getty Images】

決勝トーナメント1回戦のロシア戦に途中出場も得点を奪えずPK戦の末に敗退

 スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、現地時間7月1日のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦で開催国ロシアにPK戦の末に敗れると、代表チームからの引退を表明した。英サッカーサイト「90min」が報じている。

 イニエスタはロシア戦のスタメンから外れたが、1-1で迎えた後半22分から出場。圧倒的に攻撃するチームのなかでゴールを目指したが決勝点は奪えず、PK戦の末に敗退となった。そして試合後、代表チームからの引退を表明している。

「これが僕にとって代表チームでの最後の試合だった。素晴らしい物語はここで終わる。それが望んでいた形ではなかったにしてもね。難しい瞬間だよ。今までにも経験があることだけれど。僕らは何事も乗り越えられると証明してきた。どんな事情のなかでも立ち上がってきた。もっと良いエンディングを望んでいたとしても、これもまたサッカーだと受け入れないといけない」

 イニエスタは2010年南アフリカW杯決勝で優勝を手繰り寄せる決勝ゴールなど、代表シーンでも数々のタイトルを獲得する原動力になってきた。しかし、このロシアW杯を最後に代表チームから離れることを明言した。

 大会が終わると、J1ヴィッセル神戸に加入してプレーすることが決まっている。Jリーグデビューがいつになるかはまだ不透明だが、スペイン代表を支え続けてきた英雄は代表チームでのポストを若手に譲り、神戸でのプレーに専念することになる。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング