「これが勝負の世界」 長谷部、“守備固め”の任務完遂「非常に難しいゲームだった」

後半途中から出場、リスクを冒さないプレーを見せた長谷部【写真:AP】
後半途中から出場、リスクを冒さないプレーを見せた長谷部【写真:AP】

後半途中から出場、異様な空気の中でリスクを冒さずプレー

 日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)第3戦でポーランドに0-1で敗れたが、フェアプレーポイントの差でセネガルを上回り、グループH2位で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。主将MF長谷部誠は「これが勝負の世界」と、“異様”な空気の中で決着した試合を振り返った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本は0-0で迎えた後半14分に、セットプレーからDFヤン・ベドナレクに決められて失点。最後までゴールは奪えず、そのまま0-1で敗れた。

 もう一方の試合では、コロンビアがセネガル相手に1-0でリード。このまま終わればフェアプレーポイントの差で勝ち抜けが決まるという情報を耳にした日本は、終盤にFW武藤嘉紀に代えて長谷部を投入して守備固めに出ると、アディショナルタイムには消極的なパス回しで残り時間をやり過ごした。

「シチュエーションとして非常に難しいゲームだった。自分たちはこの試合だけに集中しようと話していたが、セットプレーから厳しい試合をしてしまった」

 キャプテンの長谷部はこう語った。会場からブーイングを浴びながらのパス回しについては、「最後は他会場の情報も入れながら、最後はもどかしいものになったかもしれないけど、これが勝負の世界」と勝利に徹する姿勢を示した。

「次のベスト16に向けてしっかりやっていきたい。本当に素晴らしいサポートを日本からも現地でも頂いている。それがエネルギーになっている。ベスト16も日本中の力を合わせて、ともに戦いたい」

 過去5大会の最高成績はベスト16。日本のキャプテンは歴史を塗り替えるべく、次なる戦いへと気持ちを切り替えていた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング