GK川島、右手一本のビッグセーブ! ボール半個分…ライン上で“神ストップ”

前半32分にGK川島のビッグセーブが飛び出した【写真:Getty Images】
前半32分にGK川島のビッグセーブが飛び出した【写真:Getty Images】

3試合連続先発のGK川島、前半32分にヘディングに素早く反応

 日本代表は現地時間28日、ヴォルゴグラードで行なわれるロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦のポーランド戦に臨み、前半32分にGK川島永嗣のビッグセーブが飛び出した。

 第1戦コロンビア戦(2-1)と第2戦セネガル戦(2-2)で同じ11人を先発で送り込んだ西野朗監督だが、引き分け以上でグループリーグ突破が決まるポーランド戦で6人を入れ替える大胆な策に打って出た。

 第1戦に壁の下を通される低弾道FKへの反応が遅れて失点した川島は、第2戦でもパンチングミスから失点するなど不安定なパフォーマンスを見せ、先発を巡って様々な議論が噴出。ポーランド戦の前日会見に出席した川島は「日本代表の選手としてプレーするなかで、批判されることへの覚悟がなければ、この場所にいない。前の試合はチームメイトに助けられた。今度は自分がチームを助けたい」と公言。そして、ポーランド戦で3試合連続出場を果たすと、見事にその言葉を体現した。

 前半32分、日本は中央から打開されると、ペナルティーエリア右付近からクロスを上げられ、最後は中央でMFカミル・グロシツキにヘディングシュートを打たれた。ゴール手前からの完璧な形だったが、これにGK川島が素早く反応。横っ飛びしながら右手一本でボールを弾き出した。

 直後にゴールラインテクノロジーでチェックが入り、ゴール半個分ほどのところで川島が止めていたことが明らかになっている。守護神が見せたビッグセーブに吉田麻也や長友佑都らがすぐさま駆け寄って称え、会場も大歓声に包まれた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング