コロンビア代表ペケルマン監督、記者からの“進退質問”を一蹴 「我々は楽観主義者だ」

ペケルマン監督はセネガル戦を控えて自身の思いを語った。【写真:Getty Images】
ペケルマン監督はセネガル戦を控えて自身の思いを語った。【写真:Getty Images】

決勝T進出を懸けた一戦でセネガルを警戒「とても強く、欧州のような戦いをする」

 コロンビア代表は28日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ最終戦でセネガル代表と対戦する。決勝トーナメント進出を懸けた重要な一戦となるが、チームを指揮するホセ・ペケルマン監督は敗退時の進退について明言を避けた。スペイン紙「マルカ」コロンビア版が報じている。

 セネガル戦前日の記者会見に出席したペケルマン監督に対し、記者から「コロンビアが決勝トーナメントに進出できなかった場合、監督を続けるのか」と問われると、逆転でのグループリーグ突破を宣言して一蹴したという。

「個人的な将来のことは(いつも)話していないし、それは今日も同じだ。良い結果になることしか考えていない。我々は楽観主義者だ」

 アルゼンチン人指揮官は、対戦するセネガルについて「とても強く、欧州のチームのような戦いをする」と印象を語ったうえで、重要な一戦への思いを語った。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング