ドイツ史上初の1次リーグ敗退を招いた予兆 フンメルスが嘆く「2017年秋」以降の失速

ドイツ代表DFフンメルスが嘆く「2017年秋」以降の失速とは?【写真:Getty Images】
ドイツ代表DFフンメルスが嘆く「2017年秋」以降の失速とは?【写真:Getty Images】

韓国に0-2で敗れ屈辱のグループリーグ敗退 「言葉を見つけるのが難しい」

 ドイツはロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグを1勝2敗で終え、同国史上初の1次リーグ敗退となった。バイエルン・ミュンヘンのDFマッツ・フンメルスは、歴史的な敗北に「言葉を見つけるのが難しい」と落胆。「最後に納得できる試合ができたのは2017年の秋」と苦悩の日々を振り返っている。

 攻守にチグハグな戦いぶりは最後まで改善されなかった。スウェーデン戦からスタメン5人を入れ替えて臨んだドイツだったが、引いて守る韓国の牙城を崩せなかった。

 もう一方の試合でスウェーデンがメキシコ相手に3-0の勝利を収め、勝利が絶対条件という状況のなかで最後はGKマヌエル・ノイアーも攻めに出てパワープレーを仕掛けた。しかし、逆にその隙を突かれて後半アディショナルタイムに2失点。0-2で敗れ、屈辱のグループ最下位でロシアの地を後にすることが決まった。

 センターバックとしてフル出場していたフンメルスは「65分の時点で慌ててしまっていた。自分のポジションを離れてカウンターに走り、組織が失われた」とチームの不安定な戦いぶりを振り返った。自らもゴール前に攻め込んで何度もシュートを放ったが、枠を捉えることができなかった。

「もし86分に僕が得点していれば、僕らはハッピーだったはずだ。しかし、結局は僕らにとって辛い夜になってしまった」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング