王者ドイツが史上初のグループリーグ敗退 韓国に敗れて無念の最下位で大会終了

王者ドイツが史上初のグループリーグ敗退【写真:Getty Images】
王者ドイツが史上初のグループリーグ敗退【写真:Getty Images】

ドイツと韓国は互いに攻め合うも膠着状態 スウェーデンがメキシコ相手にリードを奪う

 激戦となっているロシア・ワールド・カップ(W杯)のグループFで前回王者ドイツが同国史上初の1次リーグ敗退という大波乱が起きた。27日に行われた第3戦でドイツは韓国を相手に0-2で敗戦した。もう一方のカードでスウェーデンがメキシコを3-0で下したことにより、スウェーデンが逆転で首位、メキシコが2位通過となった。

 ドイツは前半から圧倒的にボールを保持しながらも決定機を作れなかった。反対にヴィッセル神戸の韓国代表MFチョン・ウヨンが直接FKから放った無回転シュートを名手GKマヌエル・ノイアーのキャッチミスを誘うなどセットプレーからチャンスを作った。同25分にはキャプテンマークを巻いたFWソン・フンミンが強烈なボレーシュートを放ち、ドイツゴールに迫った。

 前半をスコアレスで折り返すと、後半はドイツが猛攻を仕掛けていく。開始早々の2分には右からのクロスをゴール前でフリーになったMFレオン・ゴレツカがヘディングシュート。ここは韓国GKチョ・ヒョヌが右手一本でビッグセーブ。さらに同6分にはMFメスト・エジルの折り返しからFWティモ・ヴェルナーがボレーシュートを放つが、ゴール左へわずかに外れた。

 するともう一方のカードでは得点を奪えないドイツを尻目に、スウェーデンが勝負強さを見せる。後半5分にDFルドビク・アウグスティンソンのゴールで均衡を破ると、同17分には主将DFアンドレアス・グランクビストがPKを決めてリードを広げた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング