グループF最終戦は2カードともスコアレスで後半へ 王者ドイツは2位通過に一歩前進

ドイツ vs 韓国、0-0で後半へ【写真:Getty Images】
ドイツ vs 韓国、0-0で後半へ【写真:Getty Images】

韓国はチョン・ウヨン、ソン・フンミンがドイツゴールに襲い掛かる

 激戦となっているロシア・ワールド・カップ(W杯)グループFの最終戦が27日に行われている。王者ドイツは韓国を相手にスコアレスで前半を折り返し、もう一方のメキシコ対スウェーデンも0-0でハーフタイムに突入した。このまま終わればメキシコが首位、ドイツが2位で決勝トーナメントに進出する。

 前半19分に韓国はヴィッセル神戸MFチョン・ウヨンが直接FKのチャンスで無回転シュートを狙うと、名手GKマヌエル・ノイアーがキャッチできずにボールをこぼした。素早い反応でパンチングしてピンチを逃れたが、韓国がチャンスを作った。

 その後もボールの主導権を握ったのはドイツだったが決定的と呼べるシーンはほとんど作れなかった。一方の韓国も攻めあぐねたが、同25分にはキャプテンマークを巻いたFWソン・フンミンが強烈なボレーシュートを放ち、ドイツゴールに迫った。

 同時キックオフのメキシコ対スウェーデンも0-0のまま前半を終えた。

 このままスコアが動かなければ、勝ち点を7に伸ばすメキシコが首位で16強に進出。ドイツとスウェーデンは勝ち点4、得失点差(0)、総得点(2得点)でも並ぶことになり、直接対決の結果によってドイツが2位となる。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング