韓国人元Jリーガーが「拍手送りたい」とW杯日本代表を称賛 「複雑な心境」と本音も

イ・グノが「拍手送りたい」と日本代表を称賛した【写真:Getty Images】
イ・グノが「拍手送りたい」と日本代表を称賛した【写真:Getty Images】

元韓国代表FWイ・グノが地元ラジオ番組で語る

 ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ第2戦で、日本代表がセネガル代表に2-2で引き分けた。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 この結果について、かつてJリーグのジュビロ磐田とガンバ大阪でプレーした韓国人FWイ・グノ(江原FC)が、地元のラジオ番組に出演し、「日本の結果については拍手を送りたい。一方で複雑な心境だった」と明かしたと、「東亜ドットコム」が報じている。

 韓国のテレビ局「KBS」のサッカー中継の解説委員を務めているイ・グノ。今大会に向けた予備登録メンバー3人に選ばれたが怪我によって離脱を余儀なくされた。大会期間はW杯中継の解説者としての仕事をこなしているようだが、地元のラジオ番組で日本戦の感想について求められ、こう話していた。

「試合前はセネガルのほうが有利だと予想していた。それでも日本の選手たちが最後まであきらめず、一生懸命プレーし、いい結果を出すために頑張っていた。一方では悔しいというか、少し複雑な心境だった」

 韓国代表はスウェーデンとメキシコに敗れて2連敗。日本の結果を比較しての言葉でもあるが、それ以上にメンバーに選ばれながらも怪我でチームを離れることになり、力になれなかった悔しさもあるのだろう。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

金 明昱

1977年生まれ。大阪府出身の在日コリアン3世。新聞社記者、編集プロダクションなどを経てフリーに。サッカー北朝鮮代表が2010年南アフリカW杯出場を決めた後、代表チームと関係者を日本のメディアとして初めて平壌で取材することに成功し『Number』に寄稿。2011年からは女子プロゴルフの取材も開始し、日韓の女子ゴルファーと親交を深める。現在はサッカー、ゴルフを中心に週刊誌、専門誌、スポーツ専門サイトなど多媒体に執筆中。近著に『イ・ボミ 愛される力~日本人にいちばん愛される女性ゴルファーの行動哲学(メソッド)~』(光文社)。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング