A組はウルグアイが無傷の3連勝で首位通過、開催国ロシアが2位 サウジは24年ぶり勝利

グループAはウルグアイ代表が1位通過【写真:Getty Images】
グループAはウルグアイ代表が1位通過【写真:Getty Images】

ウルグアイはスアレスの2戦連続ゴールなどで開催国ロシアを撃破

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA組は、ウルグアイが首位通過を決めた。現地時間25日に開催国ロシアと対戦したウルグアイは、FWルイス・スアレスの2試合連続ゴールで先制すると、退場者を出したロシアを相手に危なげない試合運びで3-0の勝利を収めた。

 ウルグアイは前半10分、ペナルティーアーク付近でMFロドリゴ・ベンタンクールが倒されて得たFKで、キッカーはスアレス。右足をコンパクトに振り抜いた一撃は、低い弾道で壁のないゴール右下に決まった。スアレスは第2戦サウジアラビア戦(1-0)に続くゴールとなった。

 前半23分には、ウルグアイDFディエゴ・ラクサールがコーナーキックのセカンドボールを拾うとロングシュート。これがロシアのDFに当たってオウンゴールとなり、リードを2点に広げた。さらに、ロシアはDFイゴール・スモルニコフが同36分に2枚目のイエローカードで退場。試合の行方は大きく傾いた。

 ウルグアイは試合終了間際の後半45分には、FWエディンソン・カバーニに今大会の初ゴールが生まれて2トップが揃い踏み。3連勝で勝ち点を9に伸ばしてA組の首位通過を決めた。一方、2勝1敗のロシアは2位通過となった。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング