“勝負の神”は細部に宿る 守備の立て直しを図る吉田は「細かいところにこだわりたい」

「細かいところにこだわりたい」とポーランド戦にむけて守備の立て直しを図る吉田麻也【写真:Getty Images】
「細かいところにこだわりたい」とポーランド戦にむけて守備の立て直しを図る吉田麻也【写真:Getty Images】

2試合で3失点と課題残る守備

「小さな差が勝敗を分ける」

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本のDF吉田麻也が、激闘の末に2-2で勝ち点1を分け合ったロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦(現地時間24日・エカテリンブルク)で得た収穫と、課題について振り返るなかでそう口にした。

 この試合を前に、吉田はクリーンシート(無失点)を目標に掲げていたが、前半11分に先制を許すなど、苦しい展開を強いられた。特に立ち上がりは、セネガルのハイプレスに苦しみ、「縦のボールが前半なかなか入らなくて、ボールを失う回数も多かったし、リズムは良くなかった」と言う。

 しかし、吉田自身も「相手のリズムや、スピードにも慣れてきて、アジャストできるようになってからは良さを少し出せた」と話すように、日本も時間を追うごとに自分たちの良さを発揮。結果的にはMF乾貴士と、MF本田圭佑のゴールによって、2-2の引き分けに持ち込んだ。だが、グループリーグ2試合で3失点と、守備の再建は急務だろう。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング