“スーパーサブ”本田のW杯3大会連続弾に海外ファン熱狂 「ベストインパクト」

本田のW杯3大会連続弾に海外ファンが熱狂している【写真:Getty Images】
本田のW杯3大会連続弾に海外ファンが熱狂している【写真:Getty Images】

日本人史上初のW杯3大会でゴールの快挙

 日本代表MF本田圭佑は現地時間24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦に途中出場。1-2で迎えた後半33分に起死回生の同点ゴールを奪い、チームを敗戦の危機から救った。3大会連続となるW杯4得点目に、海外のサッカーファンも興奮。「レジェンドだ」「ベストインパクト」と称賛している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 背番号4は“そこ”にいた。後半33分、相手GKがサイドからのクロスを弾こうと飛び出したが、FW岡崎慎司と交錯して触れず。こぼれ球を拾ったMF乾貴士がマイナスのクロスを上げると、ゴール前に待ち構えていた本田が左足で同点弾を蹴り込んだ。

 2010年南アフリカW杯、2014年ブラジルW杯に続く、日本代表史上初の3大会連続得点を記録し、岡崎と敬礼パフォーマンスを決めて喜びを表現。「背番号4」の活躍に世界のサッカーファンもツイッター上で称賛した。

「今大会サブでベストインパクト」
「なんて偉大な選手」
「ケイスケ・ホンダはパワー・オブ・ドリーム」
「なんて男だ」
「ケイスケ・ホンダは冷血だ」
「ケイスケ・ホンダ、レジェンドだ」

 コロンビアとの初戦では途中出場で決勝点をアシスト。スーパーサブとして1得点1アシストを挙げている本田の仕事人ぶりは高く評価されていた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング