W杯3大会連続弾の本田、チームの成長に手応え 「コロンビア戦より良い戦いができた」

日本代表史上初めて3大会連続ゴールという偉業を成し遂げた本田【写真:Getty Images】
日本代表史上初めて3大会連続ゴールという偉業を成し遂げた本田【写真:Getty Images】

セネガルと2-2ドロー、16強進出決定はポーランド戦に持ち越し

 日本代表MF本田圭佑は現地時間24日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦に途中出場し、1-2で迎えた後半33分に起死回生の同点ゴールを奪い、チームを敗戦の危機から救った。グループリーグ突破はポーランド戦に持ち越しとなり、「本音を言えば今日決めたかった」と振り返った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 常にリードを許す苦しい展開だったが、MF乾貴士が今大会初ゴールを挙げるなど粘り強さを見せた日本。1-2で迎えた後半33分には、MF乾が左サイドから折り返すと、ゴール前で本田が合わせて再び同点とした。

 本田は「貴士のボールがすごい良いところに来たので」とお膳立ての乾を称え、「決められて良かったです」と語った。

 決勝トーナメント進出の行方は、第3戦のコロンビア戦に持ち越しとなった。「次が大事なんで。コロンビア戦より良い戦いができたと思うので、次も良い準備をして良い試合ができるように僕も良い準備をしたい」と、本田も次なる戦いに向けて気持ちを切り替えている。

「負けたら敗退もあり得る大事な試合なんで、緊張感はあるんですけど、本音を言えば今日決めたかったんですけど、これがワールドカップの厳しさだと思うので、またポーランドの分析をしっかりしてチームで準備したい」

 日本代表史上初めて3大会連続ゴールという偉業を成し遂げた本田。難敵ポーランドとの最終戦でも、その左足でチームを勝利に導くことができるだろうか。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング