「完全に自分のミス」 GK川島、先制点献上を反省「目の前が気になりすぎて…」

GK川島は、「完全に自分のミス」と先制点献上を反省した【写真:Getty Images】
GK川島は、「完全に自分のミス」と先制点献上を反省した【写真:Getty Images】

パンチングが目の前のマネに当たってゴールを許すミス

 日本代表GK川島永嗣は、現地時間24日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦のセネガル戦に2試合連続で先発出場するも、前半11分にパンチングミスから先制点を献上。初戦のコロンビア戦に続く失点に「完全に自分のミス」と反省した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 アフリカの強敵相手に2-2のドローをもぎ取ったなか、川島は厳しい表情でフラッシュインタビューに応じた。

「自分のミスからチームがかなり厳しい状況になった。チームが引き分けにしてくれてよかった」

 前半11分、日本は右サイドからのクロスをファーサイドのMF原口元気がクリアしきれず、DFユースフ・サバリにシュートを許した。これを川島がパンチングで処理しようとしたが、弾いたボールが目の前のFWサディオ・マネに当たってゴールイン。相手にリードを許す展開となった。

「完全に自分のミス。目の前のところが気になり過ぎてしまった」

 しかし、チームは2度にわたってリードされながら追いつき、「コロンビア戦もそうですが、チームが一丸になった結果だと思う。厳しい状況でもこういう結果になったのでチームメイトに感謝したい」と仲間のパフォーマンスを称えた。

 川島は「コロンビア戦に続いてゲーム内容に自分たちの自信も得られた。次は結果が大事なので切り替えたい」と自分に言い聞かせるような様子だった。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング