ネイマールが問題行動!? 主将シウバ、侮辱的ジェスチャーを告白「悲しかった」

コスタリカ戦、チアゴ・シウバに対してネイマールが侮辱的なジェスチャーを向けた【写真:AP & Getty Images】
コスタリカ戦、チアゴ・シウバに対してネイマールが侮辱的なジェスチャーを向けた【写真:AP & Getty Images】

コスタリカにボールを返した主将に激怒 許しがたいアクションを見せる

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦、試合終了間際の2ゴールでコスタリカを2-0と下したブラジル代表だが、試合中に内紛に発展しかねない事態があったという。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」が報じている。

 ブラジルは後半45分が経過するまで0-0とゴールが奪えなかった。2試合連続引き分けとなればグループリーグ敗退の危機さえちらつくなか、後半アディショナルタイム1分にMFフィリペ・コウチーニョ、同6分にFWネイマールがゴールを決めて2-0で勝利した。

 しかし、そのネイマールは後半、あろうことかチームの主将であるDFチアゴ・シウバを相手に内紛に発展しかねないような行為をしたという。

 記事によると、シウバは「ネイマールは弟のようなもので、よく面倒を見ている。ただ、今日は悲しかった。僕がコスタリカにボールを返した時に、ひどく侮辱的なジェスチャーを向けてきたから」と話したという。

 試合の後半、フェアプレーのためにコスタリカにボールを返したことに激怒したネイマールが許しがたいアクションを見せた。シウバは「たしかに彼は素晴らしい選手だけど、そのボールを返さないことが勝利につながるわけでもなかっただろう」と振り返っている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング