スウェーデン監督、ドイツ相手の悲劇的敗戦を嘆く 「キャリアで最も厳しい終わり方」

まさかの逆転負けに肩を落としたスウェーデン代表のヤン・アンデション監督【写真:Getty Images】
まさかの逆転負けに肩を落としたスウェーデン代表のヤン・アンデション監督【写真:Getty Images】

数的優位を得ながら後半ATに決勝点を奪われ1-2で敗戦

 スウェーデンはロシア・ワールドカップ(W杯)のグループリーグ第2戦で、世界王者ドイツを相手に好ゲームを演じたが、後半アディショナルタイムに決勝点を奪われて逆転負けを喫した。指揮官のヤン・アンデション監督は「私のキャリアでも最も厳しい試合の終わり方だ」と振り返った。

 スウェーデンは前半32分にFWオラ・トイヴォネンのループシュートが決まって先制。後半3分にドイツのMFマルコ・ロイスのゴールで同点とされたが、引き分けでも決勝トーナメント進出の可能性に向けて大きなアドバンテージが残るだけに冷静に試合を運んだ。同37分にはドイツ代表DFジェローム・ボアテングが退場となり、数的優位も得た。

 しかし、そんなチームを後半アディショナルタイムに悲劇が襲った。左サイドからのFK、キッカーのクロースのシュートが決まり、終了間際に逆転を許した。

「何かを言うことは難しい。多くの感情が駆け巡っている。前半は良かったが、後半の早い時間に追いつかれたことで厳しくなった。少なくとも勝ち点1を取りたかったのだが……。これは私のキャリアでも最も厳しい試合の終わり方だ」

 試合後の記者会見でアンデション監督はこう語った。まさかの逆転負けに肩を落としている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング