香川は“見逃してはいけない男” 米誌がセネガル戦のキーマンに指名「再び創造力を求める」

コロンビア戦の勝利の立役者となった日本代表香川に海外も注目している【写真:Getty Images】
コロンビア戦の勝利の立役者となった日本代表香川に海外も注目している【写真:Getty Images】

コロンビア戦の勝利の立役者となった背番号10に海外も注目

 日本代表は24日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガルと対戦する。ともに今大会初戦を2-1で勝利し、直接対決の結果次第では決勝トーナメント進出に大きく近づく。海外メディアは“見逃してはいけない男”にMF香川真司を指名している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本対セネガル戦を特集したのは、米スポーツ専門誌「スポーティング・ニュース」だった。記事では両チームの“見逃してはいけない選手”をそれぞれ選出している。西野ジャパンからは、コロンビア戦でアジア勢初の南米勢撃破という歴史的勝利の口火を切った香川が取り上げられた。

「サンチェスにハンドをさせ、W杯史上で2番目に早い退場に追い込んだのは彼のゴールまっしぐらのシュートだった。そして、ボルシア・ドルトムントのミッドフィルダーはペナルティー(キック)を決めることで、コロンビアにさらなる罰を課した。日本は再び創造力を彼に求めることになる」

 香川はコロンビア戦の前半3分、FW大迫勇也のシュートのこぼれ球に素早く反応すると左足を一閃。強烈な一撃を右手で食い止めた相手MFカルロス・サンチェスはハンドで一発退場となり、獲得したPKも香川自らが決めた。寸評では、香川をコロンビア戦勝利の立役者として称賛している。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング