「私はひっくり返った」 ブラジル代表監督、“歓喜の転倒”で負傷「真っすぐ歩けない」

コスタリカ戦で見せたチッチ監督の“歓喜の転倒”が話題を呼んでいる【写真:Getty Images】
コスタリカ戦で見せたチッチ監督の“歓喜の転倒”が話題を呼んでいる【写真:Getty Images】

待望のゴールを決めたコウチーニョの元に駆け寄るはずが…後ろから押されて転倒

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグE組、ブラジル対コスタリカは終了間際の2ゴールでブラジルがなんとか勝ち点3を手に入れた。その苦戦ぶりから解放されたシーンとして象徴的だったのは、MFフィリペ・コウチーニョの決勝弾後、チッチ監督の“歓喜の転倒”だった。ブラジルメディア「グローボ・エスポルチ」によると、カリスマ指揮官はこのシーンに触れて「真っすぐ歩けない」と負傷したことを明かした。

 試合はコスタリカの5バックによる堅守と、GKケイラー・ナバスのファインセーブ連発、FWネイマールがVARでPK取り消しと嫌なムードが続くなか、後半アディショナルタイムにDFマルセロのクロスからFWロベルト・フィルミーノ、FWガブリエル・ジェズスとつなぎ、最後はコウチーニョ。渾身のキックでナバスの牙城を打ち破った。

 スコアレスドローも見えてきた状況の中での値千金のゴールにコウチーニョら選手たちは歓喜を爆発させたが、チッチ監督は少々違う形となった。テクニカルエリアにいた指揮官もダッシュでコウチーニョの元へと駆け寄る……はずが、大喜びの控えGKエデルソンとカッシオに後ろから押され、前のめりに転倒してしまったのだ。試合後の記者会見でチッチ監督はこのように語ったという。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング