セネガル代表FWマネは「サッカー界で最も…」 名手リトバルスキーも認める才能とは?

セネガル最大の脅威であるマネ【写真:Getty Images】
セネガル最大の脅威であるマネ【写真:Getty Images】

リバプールで猛威を振るったスピードスターは「ドリブルに入ったら止めようがない」

 日本代表は現地時間24日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦でセネガルと対戦する。第1戦でコロンビアに2-1と歴史的勝利を飾った日本は、セネガル相手にも勝利を収めれば、他会場の試合結果次第では2大会ぶりの決勝トーナメント進出が決まる。同じく初戦でポーランドを2-1と破り勢いに乗るセネガルの最大の脅威は、やはりリバプールでエジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノと強力3トップを形成し、今季UEFAチャンピオンズリーグでも決勝のレアル・マドリード戦の一撃を含む10得点を挙げたFWサディオ・マネだ。26歳のスピードスターを止めるためのキーポイントとは――。

「セネガルの選手はクオリティーが本当に高く、レギュラーのほとんどは他クラブからも絶大な評価を得ています。(DFカリドゥ・)クリバリはナポリでハイレベルなパフォーマンスを見せていますし、ハノーファーでリーダーシップを発揮している(DFサリフ・)サネは空中戦に強い。良いメンバーが揃っていますが、なんと言ってもキーマンはマネでしょう。リバプールではファンタスティック。一流のチャンスメーカーです」

 現役時代に天才ドリブラーとして知られ、1990年イタリアW杯では西ドイツ代表の一員として優勝、現在はヴォルフスブルクのスカウティング部長を務めるピエール・リトバルスキー氏は、猛者揃いのセネガルのなかでもエースのマネを最も警戒すべき人物に挙げた。フジテレビのW杯中継で「ワールドカップスペシャルサポーターズ」として特別解説を務めるために来日し、単独取材に応じてくれた同氏だが、圧倒的な個人技を誇るアタッカーを止めるためのカギはどこにあると感じているのだろうか。

「マネを止めるのはとても難しい。彼がボールを持った瞬間にドリブルがスタートする。あまりに速いので、ドリブルに入ったら止めようがない。ディフェンスラインの裏を突くのも上手く、斜めに走り込んでくる。リバプールのマネとサラーはここ数カ月間で、サッカー界で最も止めるのが難しい選手だった。バラエティに富んで、ゴールチャンスを作ることができる」

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング