香川のPK弾に米国の名物アナウンサーが大絶叫 「バンザイ、カガワさん!」が話題に

コロンビア戦の香川のPKに、アメリカの名物アナウンサーが大絶叫した【写真:Getty Images】
コロンビア戦の香川のPKに、アメリカの名物アナウンサーが大絶叫した【写真:Getty Images】

10秒間響き渡った「ゴーーール!」のバリトンボイス

 日本代表のMF香川真司(ドルトムント)は、現地時間19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦で、PKで先制点を決めて2-1の勝利に貢献した。今大会出場できなかったアメリカのテレビ中継では、名物アナウンサーが香川のこのゴールを「バンザイ、カガワサン!」の絶叫で伝え、世界的に知名度を上げることになった。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 日本の10番は前半3分、ゴール前のこぼれ球を拾い、左足で強烈なシュートを放った。これを相手MFカルロス・サンチェスが、エリア内で右手を伸ばして防ぐと、ハンドによる今大会初のレッドカードを誘発した。同6分、自ら獲得したPKのキッカーを務めると、GKの逆を突いてゴールネットを揺らした。

 そして、アメリカでこの試合を中継していた「FOXスポーツ1」で、伝説の名調子が生まれた。実況のホルヘ・ペレス・ナバーロ氏は、香川がゴールネットを揺らすと同時に「ゴーーーーーーーーーール!」と自慢の低音ボイスを10秒間響かせた。

 その直後、「日本のゴール! バンザーイ」と興奮を伝え、再び5秒間息継ぎなしで「ゴーーーーール! バイ・カガワサン!」と絶叫した。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング