日本代表、“悪癖”から脱却? 殊勲のFW大迫が証言「ハリルからも言われていた」

決勝ゴールを叩き込んだFW大迫勇也が日本の悪癖について言及している【写真:Getty Images】
決勝ゴールを叩き込んだFW大迫勇也が日本の悪癖について言及している【写真:Getty Images】

14年W杯ギリシャ戦同様、コロンビア戦で一人少ない相手を攻めあぐねる時間が続くも…

 日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦コロンビア戦で2-1と勝利した。決勝ゴールを叩き込んだFW大迫勇也は、試合後に「ハリルさんの時から言われていた」という日本の悪癖について言及している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合は開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて日本が先制。前半39分に低弾道FKを叩き込まれ1-1に追いつかれるも、後半28分にMF本田圭佑の左CKから大迫がヘディングで決勝点を流し込んだ。

「(相手が一人)少なくなってくれて本当に助かった。ボールを持つところは持てて、1点返されてしまったけど、落ち着いて各々がプレーできたと思う。ただここで満足はしたくない。これから引き続きやるだけ」

 コロンビア戦後に気を引き締め直した大迫。2014年ブラジルW杯のグループリーグ第2戦ギリシャ戦(0-0)では、前半38分に相手が退場となり日本が数的優位となるも、最後まで攻め手を見出せないままスコアレスドローに終わっている。大迫は後半12分から出場したが、ゴールに絡めずに悔しさを噛みしめた。

 このコロンビア戦でも開始3分に相手一人が退場処分となり、ギリシャ戦に似たシチュエーションが生まれている。香川のPKにより先制した日本だが、主導権を握りながらも追加点が奪えない時間帯が長く続いた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング