ウルグアイ代表FWスアレスがメモリアル弾 通算100試合出場の節目を自ら祝福

通算100試合目出場となったサウジアラビア戦でメモリアル弾を挙げたスアレス【写真:Getty Images】
通算100試合目出場となったサウジアラビア戦でメモリアル弾を挙げたスアレス【写真:Getty Images】

サウジアラビア戦の前半23分、コーナーキックを左足で流し込んで先制ゴール

 ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが自身のメモリアルゲームをゴールで祝った。現地時間20日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ第2戦、サウジアラビア戦にスタメン出場すると、前半23分にコーナーキック(CK)から先制点を挙げた。

 スアレスはこのゲームが、ウルグアイ代表として100試合出場の節目。試合開始直後からサウジアラビアゴールを脅かしていたが、前半23分に左CKの場面でニアサイドからゴール中央にかけて混戦ができると、スアレスはそこに入らずに背後で待った。そして、抜けてきたボールを簡単に左足で流し込んだ。

 代表通算52ゴール目でウルグアイに貴重な先制点をもたらしたスアレス。2014年の前回大会ではイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの肩に噛みつくという衝撃的な行為に出て悪名を轟かせたが、そのゴールへの嗅覚は間違いなく世界トップレベルだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング