コロンビア戦で決勝ゴールの大迫を韓国誌が激賞 「新しいスター誕生」「最高の英雄」

韓国メディアは「最高の英雄」と大迫を激賞している【写真:AP】
韓国メディアは「最高の英雄」と大迫を激賞している【写真:AP】

先制PKのきっかけを作り、勝負を決める勝ち越し弾をマークする殊勲の活躍

 日本代表は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でコロンビアと対戦し、2-1で勝利した。難敵コロンビアを打ち崩し、W杯におけるアジア勢の「対南米」初勝利に導いたFW大迫勇也の活躍を受け、韓国メディアは「新しいスター誕生」「最高の英雄」と激賞している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 前半3分、相手の最終ラインに抜け出した大迫がペナルティーエリア内でGKとの1対1に持ち込んでシュート。相手守護神の好セーブに遭ったが、こぼれ球をMF香川真司が拾ってシュートを放ち、コロンビアMFカルロス・サンチェスのハンドとレッドカードを誘発。獲得したPKを香川自らが決めて日本が幸先よく先制した。

 前半39分にコロンビアに直接FKを決められて追いつかれたなか、後半25分にMF本田圭佑を投入。その3分後だった。左コーナーキックを本田が蹴り込むと、これを大迫がDF二人の上からヘディングシュートを決めて、勝ち越しのゴールを奪った。

 韓国のサッカー専門誌「ベストイレブン」は、「日本の新しいスター誕生を知らせる大迫勇也」と特集。1トップとしてのプレーについて「コロンビアの守備陣に亀裂を入れて試合の流れをガラっと変えた」と高く評価するとともに、「勝者と敗者まで変えた」と評した決勝弾も沈めて「最高の英雄だった」と絶賛している。

 韓国代表は18日のスウェーデン戦で、エースFWソン・フンミンらが沈黙するなど0-1で敗戦。勝負どころで輝きを放った日本のストライカーが羨ましく映ったのかもしれない。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング