本田、コロンビア戦決勝弾の大迫を絶賛 「素晴らしかった」と称えた部分とは?

大迫の身体を張ったプレーに本田が言及【写真:Getty Images】
大迫の身体を張ったプレーに本田が言及【写真:Getty Images】

後半25分から出場の本田が3分後に決勝アシスト 大迫の身体を張ったプレーに言及

 やはり“持っている男”だったようだ。19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦で後半25分から出場したMF本田圭佑は、左CKからFW大迫勇也の決勝弾をアシスト。出場からわずか3分で仕事をこなして2-1勝利に貢献した一方、大迫のあるプレーを「素晴らしかった」と絶賛している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 開始3分に相手MFカルロス・サンチェスがハンドの判定で一発退場となり、そのプレーで得たPKをMF香川真司が決めて日本が先制。前半39分に直接FK弾を叩き込まれて1-1のまま後半に突入した。後半25分から香川に代わって出場した本田は、わずか3分後に左CKのキッカーを務め、正確なキックから大迫の決勝弾を導いている。

 本田の左足から放たれたキックは、カーブを描きながらゴール中央へ届くと、待ち構えていた大迫が相手との競り合いを制してヘディング弾。本田はこのシーンを次のように振り返っている。

「練習でやっていたことが出た。大迫が得点を取ってくれたので、ポジショニングが素晴らしかったし、最後は体を伸ばして触ったのが素晴らしかったと思います」

 大迫は相手DFサンティアゴ・アリアスと身体をぶつけ合いながら、身体を伸ばして先に落下地点に入り込み、巧みな頭で合わせている。本田は“練習通り”を強調したが、大迫の個人技があってこそのゴールだった。

 それを理解している本田も大迫の“最後の一歩”を称賛。二人の阿吽の呼吸から日本の決勝ゴールは生まれた。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング