西野J勝利にプレミア公式が“デュエルな一枚”公開 「ヨシダがコロンビアを打ち破った」

サンチェスに対し、吉田は気迫のディフェンスを見せた【写真:Getty Images】
サンチェスに対し、吉田は気迫のディフェンスを見せた【写真:Getty Images】

日本が南米の雄コロンビアに2-1で勝利し、プレミアファンも反応「今大会の台風の目」

 日本代表は現地時間19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でコロンビアと対戦し、2-1と勝利を収めた。4回目の直接対決で初めてコロンビアを撃破した歴史的瞬間に、プレミアリーグ公式インスタグラムも反応している。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 試合は前半3分、FW大迫勇也のシュートのこぼれ球にMF香川真司がダイレクトで合わせると、相手MFカルロス・サンチェスのハンドと一発退場を誘発。獲得したPKを香川が冷静に決め、先制点を奪った。その後、同点とされて迎えた後半28分にはMF本田圭佑が蹴ったコーナーキックに大迫がヘディングで合わせて値千金の決勝ゴール。日本が2-1でコロンビア相手に痛快なアップセットを演じた。

 この一戦に欧州5大リーグの一つであるプレミアリーグも公式インスタグラムで反応。「マヤ・ヨシダの日本がダビンソン・サンチェスのコロンビアを打ち破った」と綴り、日本DF吉田麻也(サウサンプトン)とコロンビアDFダビンソン・サンチェス(トットナム)が激しく競り合っている写真を公開した。

 投稿のコメント欄は西野ジャパンへの賛辞で溢れている。

「壮大なサプライズが起きた」
「今のサムライ・ブルーなら全てのチームに深手を負わせられる」
「大会屈指の衝撃」
「サンチェスを明確に上回ったヨシダ」
「現時点で日本がベストチーム」
「ジャパンが今大会の台風の目」

 吉田とサンチェスはともに屈強なプレミアリーグでセンターバックとして戦う二人だが、不安定さが目立ったサンチェスに対し、吉田は気迫のディフェンスを見せ、明暗が分かれる形となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング