セネガルがポーランドに1-0リードで後半へ 前半37分にオウンゴールで得点

前半37分にオウンゴールでセネガルが先制【写真:Getty Images】
前半37分にオウンゴールでセネガルが先制【写真:Getty Images】

ゲイェのシュートがポーランドDFチョネクのオウンゴールを誘う

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループHのポーランド対セネガル戦が現地時間19日に行われ、セネガルが1-0とリードして前半を折り返した。

 直前の試合で日本がコロンビアに勝利(2-1)したことで、戦前以上の混戦が予想されるなか、欧州のポーランドとアフリカのセネガルが勝ち点3を目指して激突したた。ポーランドは主将でエースのFWロベルト・レバンドフスキ(バイエルン)を先発起用。その他にもMFアルカディウシュ・ミリク(ナポリ)や日本代表MF香川真司の同僚であるDFウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント)がスタメンに名を連ねた。一方、セネガルは主将でエースのFWサディオ・マネ(リバプール)が先発のピッチに立った。

 両者の対戦は立ち上がりから一進一退の攻防が続いた。ボールを保持しながらサイド攻撃でチャンスを構築するポーランドに対し、セネガルは組織的な守備で対抗。上手くレバンドフスキを孤立させることで、カウンターからチャンスを創出していく。

 ファーストチャンスは前半20分。セネガルのDFユースフ・サバリ(ボルドー)が自陣でボールをカットすると、スピードのあるドリブルで前へと運び、前線へスルーパス。これに抜け出たFWエムバイ・ニアング(トリノ)がシュートを放つも、これはゴール右に外れた。その直後には、今度はポーランドが右サイドを攻略し、最後はMFカミル・グロシツキ(ハル・シティ)が合わせたが枠には飛ばなかった。

 前半33分にはセネガルが右サイドを突破し、DFムサ・ワゲ(オイペン)のクロスから中央で混戦を作るもゴールは生まれず。その勢いのままに37分には左サイドでニアンがボールを奪取すると、中央のマネを経由してDFイドリッサ・ゲイエ(エバートン)がシュート。これがポーランドDFチアゴ・チョネク(スパル)のオウンゴールを誘い、セネガルが先制点を奪取した。

 試合はそのまま1-0とセネガルリードで後半へ。激しい攻防が繰り広げられる一戦は、後半も手に汗握る展開となりそうだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング