「夢だったので最高」 決勝ヘッドの大迫勇也、チームメイトに感謝「みんなの力」

大迫は、後半28分に本田のCKを頭で押し込んで貴重な勝ち越しゴールを決めた【写真:Getty Images】
大迫は、後半28分に本田のCKを頭で押し込んで貴重な勝ち越しゴールを決めた【写真:Getty Images】

後半28分に本田のCKを頭で押し込んで貴重な勝ち越しゴール

 日本代表は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦でコロンビアと対戦し、2-1で勝利した。相手が序盤で退場者を出しながらも同点に追いつかれたなか、FW大迫勇也が値千金の決勝弾。28歳のストライカーは試合後のフラッシュインタビューで、「夢だったので最高」と語った。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 前半3分、相手の最終ラインに抜け出した大迫がペナルティーエリア内でGKとの1対1に持ち込んでシュート。相手守護神の好セーブに阻まれたが、こぼれ球をMF香川真司が拾ってシュートを放ち、MFカルロス・サンチェスのハンドとレッドカードを誘発。獲得したPKを香川が自ら決めて幸先よく先制した。

 前半39分にコロンビアに直接FKを決められて追いつかれたなか、後半25分にMF本田圭佑を投入。その3分後だった。左コーナーキックを本田が蹴り込むと、これを大迫がDF二人の上からヘディングシュートを決めて、勝ち越しのゴールを奪った。

 大迫は「真司さんが後ろからついてきてくれて、僕は前で潰れるだけだった」とトップ下の香川のサポートを感謝。セットプレーでの得点については、「たくさん練習してその通りの形が出せたのでみんなの力」と振り返った。

「昔からの夢が叶ったのですごく嬉しい。立ち上がり、相手にも緊張感があると思っていた。最高ですし、まだ2試合あるので切り替えて頑張りたい」

 コロンビア戦のMOMに輝く活躍を見せた男は、早くも次戦以降に切り替えていた。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング