まるで地響き! 日本のパス回しにコロンビアサポーターから容赦ない大ブーイング

コロンビアサポーター【写真:Getty Images】
コロンビアサポーター【写真:Getty Images】

開始3分に相手MFが一発退場でPK判定、香川が冷静に沈めて日本先制

 日本代表は19日、サランスクのモルドビア・アレーナでロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に臨み、開始3分に相手MFがハンドで今大会初の一発レッドカードで退場処分。そのPKをMF香川真司が決めて日本が先制した。その後、日本が後方でパスを回すと会場から地響きのような大ブーイングが飛ぶなど、スタジアムはまるでアウェーの様相を呈している。

 西野朗監督の采配がズバリと的中した。開始3分、前線でFW大迫勇也が相手と競り合ってシュート。こぼれ球に反応した香川が再びシュートを放つと、相手MFカルロス・サンチェスが腕でブロックして一発退場となった。PKを香川が流し込み、日本が幸先良く先制に成功した。

 開始わずか3分で一人少なくなったコロンビアは、後方にブロックを形成しながら対応。一方の日本はじっくりパスを回しつつ攻め手を探る展開が続いた。日本が後方でパスを回すと、会場からは容赦のない大ブーイングが飛び、スタジアムを異様な空気が包み込んでいる。

 スタンドはコロンビアを象徴する黄色で8割方埋まっており、コロンビア側に対する大歓声と日本に対するブーイングが飛び交い、日本にとってはさながらアウェー状態となっている。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング