コロンビア10番ハメスが日本戦で先発落ち 代役司令塔はキンテーロを抜擢へ

コロンビア代表ハメス・ロドリゲスは、スタメンから外れた【写真:Getty Images】
コロンビア代表ハメス・ロドリゲスは、スタメンから外れた【写真:Getty Images】

14年ブラジルW杯で1得点2アシストも、左ふくらはぎの違和感が影響か

 コロンビア代表の司令塔ハメス・ロドリゲス(バイエルン)は、19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦の日本戦でスタメンから外れた。

 ハメスは前日練習では元気な姿を見せていたが、現地時間14日の練習は左ふくらはぎの違和感で欠席していた。トップ下にはリバープレートMFファン・キンテーロが入ると見られている。

 ハメスは2014年ブラジルW杯のグループリーグでも後半から途中出場。1ゴール2アシストと大暴れしていた。

 ベンチに大黒柱を温存した格好のホセ・ペケルマン監督。背番号10を投入するタイミングにも注目が集まる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング