勝負師・西野監督の秘策は? 本田は先発で“捨て駒”、勝負所で“スーパーサブ香川”投入も

西野監督率いる日本代表は、コロンビア戦でどのような戦いを見せるのか【写真:Getty Images】
西野監督率いる日本代表は、コロンビア戦でどのような戦いを見せるのか【写真:Getty Images】

コロンビア戦に向けて西野監督「隠している部分もある」

 日本代表は19日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に臨む。西野朗監督はこれまで「全てはコロンビア戦に向けて、オープンにできる部分と、出したくない部分というのはある」と語っており、スタメン11人も新しい組み合わせで送り出す可能性も十分ある。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 W杯直前のラストマッチとなった国際親善試合パラグアイ戦(4-2)後、西野監督は「全く出していないものも当然ある。こういう厳しいゲームのなかで、トライしたい部分、リスタートを含めて隠している部分もある」と口にしており、暗に“秘策”を匂わせていた。

 西野監督と言えば、長年率いたガンバ大阪時代の攻撃サッカーが代名詞だが、その一方でリアリストの一面も覗かせる。“打ち合い上等”という部分は残しつつも、相手の良さを消す巧みな戦術で流れを引き寄せ、数々のタイトルを手にしてきた。

 4月にバヒド・ハリルホジッチ監督が電撃解任され、後任として指揮を執る西野監督は、これまで3バックや4バックをベースに様々な選手の組み合わせをテストしてきた。そのなかで最大の注目を浴びたのが、トップ下でプレーした本田圭佑と香川真司の争いだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング