「我々には強みがある」 西野監督、因縁のコロンビア戦に自信「違った反応を…」

日本代表の西野朗監督【写真:Getty Images】
日本代表の西野朗監督【写真:Getty Images】

相手の司令塔ハメスを警戒「グループで見ないといけない」

 西野朗監督率いる日本代表は現地時間19日にロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に臨む。会場となるサランスクのモルドビア・アレーナで行なわれた前日会見に西野監督とMF長谷部誠が出席。指揮官は大一番を前に「我々には強みがある」と意気込んでいる。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 2014年W杯で1-4と惨敗したコロンビアとの再戦を迎えるなか、西野監督は「選手たちが大舞台のなかで違った反応を起こしてくれる可能性を信じたい。十分戦えるスピリットを持っている」と自信を覗かせた。

「我々にはクイックネス、連動させていく強みがあると思っている」と強調しながらも、大舞台ならではの不確定要素も多分にあるとした。「選手が持っている力が明日の大舞台でえ出せるかというと、ネガティブな要素がたくさんある。心理的なところでコロンビアより優位に持たせてピッチに送り出したい」と万全の準備を期している。

 相手の司令塔であるMFハメス・ロドリゲスについては「プレーメーカーでありポイントゲッター。誰が彼を抑えるとはならない。グループで見ないといけない」と警戒を強めた。マンマークも一案としてあったとしながら、「彼を自由にさせるとコロンビアのスタイルが確立される。マンマークを付けてピッチから出してしまうという確信を持てれば一人をつけてという対応も考えたいが、そうもいかない選手だと思っている」とキーマン封じが勝敗を分けるポイントになりそうだ。

 コロンビア戦は現地時間19日15時(日本時間同日21時)にキックオフされる。

■ロシアW杯・グループH
【第1戦】
19日 コロンビア×日本(15時/サランスク/モルドビア・アレーナ)
19日 ポーランド×セネガル(18時/モスクワ/スパルタクスタジアム)

【第2戦】
24日 日本×セネガル(20時/エカテリンブルク/エカテリンブルクアリーナ
24日 ポーランド×コロンビア(21時/カザン/カザンアリーナ)

【第3戦】
28日 日本×ポーランド(17時/ヴォルゴグラード/ヴォルゴグラードアリーナ)
28日 セネガル×コロンビア(18時/サマーラ/サマーラアリーナ)

(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング