長友は“W杯勝利国”をどう見たか? 勝者の要因を指摘、「やっぱり勝つチームは…」

長友佑都が14日に開幕したW杯の印象に言及【写真:Getty Images】
長友佑都が14日に開幕したW杯の印象に言及【写真:Getty Images】

14日にW杯開幕、20年ぶりに大会勝利を挙げたイランを絶賛

 日本代表は19日のロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦のコロンビア戦に向けてベースキャンプ地のカザンで練習を行っている。16日にDF長友佑都が取材に応じ、14日に開幕したW杯の印象に言及。他国が熾烈な戦いを繰り広げるなか、「勝つチーム」の要因を指摘した。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 14日にW杯が開幕し、オープニングマッチで開催国ロシアがサウジアラビアに5-0と快勝。翌15日にはウルグアイ対エジプト(1-0)、イラン対モロッコ(1-0)、ポルトガル対スペイン(3-3)が行われた。

 そうした試合の印象について長友は「やっぱり守備が堅いチームが生き残っている印象がある。11人でブロックを作って、みんなが戦っているチームが勝っている」とコメント。さらに、W杯20年ぶりの勝利を挙げたイランにも触れ、「イランの選手も堅かったし、前の選手もめちゃくちゃ走っていた。それに連動して後ろも集中して、ラインの上げ下げもコンパクトにしていた」と称賛している。

 W杯序盤戦で勝者となっているチームのポイントに「堅守」「連動」「コンパクト」などのキーワードを挙げた。そのうえで強調したのが前線の守備だ。

「やっぱり勝つチームは、みんな連動して守っている。特に前の選手が激しく守備をしている印象がある」

 日本も前線からの守備に磨きをかけている。他国の戦いぶりは良い刺激になっているようだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング