C・ロナウドは「ダイブの常習者」 宿敵のスペイン代表DFピケが“疑惑のPK”を非難

スペイン代表DFジェラール・ピケは「クリスティアーノはダイブの常習者」と非難した【写真:Getty Images】
スペイン代表DFジェラール・ピケは「クリスティアーノはダイブの常習者」と非難した【写真:Getty Images】

スペインが試合終了直前までリードするも、ロナウドが圧巻の同点FK弾をマーク

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦の最注目カード、ポルトガル対スペインは大会史に残る名勝負となった。ポルトガル代表のエースFWが試合終了間際に起死回生の同点FKを決めてハットトリックを達成。試合は3-3の引き分けで幕を閉じたが、スペイン代表DFジェラール・ピケは「クリスティアーノはダイブの常習者」と非難した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

 試合が動いたのは前半2分。ロナウドがペナルティーエリア左からドリブルを仕掛け、シザースフェイントを交えて縦への突破を図ると、レアル・マドリードの同僚であるスペイン代表DFナチョが足を引っかけてひっかけて主審はPKを宣告。これをロナウドが冷静に決めて先制点をもたらした。

 前半終了間際には、ロナウドの強烈なシュートがスペイン代表GKダビド・デ・ヘアのセーブミスを誘って2点目。さらに、2-3と劣勢で迎えた後半43分にはゴール正面約22メートルの距離から鮮やかに直接FKを沈め、自身W杯初となるハットトリックを達成した。

「我々には数多くの決定機があった。彼らはシュート3本で3点を決めた。ワンサイドゲームだったけど、現実を受け止めなければいけない」

 ピケは華麗な連携で試合の主導権を握りながらも、勝ち点1に終わった現実を嘆いた。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング