コロンビアMF陣の要が西野ジャパンの“変化”を警戒 「ミスをすることはできない」

サンチェスは、日本代表が4年前とは別のチームに変わっていると認識していることを明かした【写真:Getty Images】
サンチェスは、日本代表が4年前とは別のチームに変わっていると認識していることを明かした【写真:Getty Images】

ボランチのカルロス・サンチェスは警戒心を強める「より研究を重ねている」

 ロシア・ワールドカップ(W杯)グループリーグ初戦で西野ジャパンと対戦するコロンビア代表のMFカルロス・サンチェス(エスパニョール)は、日本代表が4年前の前回大会とは別のチームに変わっていると認識していることを明かした。スペイン紙「AS」コロンビア版が報じている。

 サンチェスは14日に行われたベースキャンプ地カザンでの練習後に会見に出席。4年前のザックジャパンと現在の西野ジャパンの違いについて問われ、「多くのことが変わったと言われている」と明かした。

「新しい選手、新しい監督になり、フォーメーションや戦術も変わった。日本はW杯の常連国で、素晴らしい選手たちがいる。彼らはポテンシャルが高く、我々は非常にリスペクトしている。大きなミスをすることはできないので、より研究を重ねているよ」

 ブラジルW杯に続き、MFアベル・アギラール(デポルティボ・カリ)とボランチコンビを組むことが濃厚なサンチェス。グループリーグ3戦目となった前回の日本戦では、すでに決勝トーナメント進出が決まっていたため温存され、ベンチで戦況を見守っていた。しかし、今回は初戦での対戦だけに、当然ベストメンバーで臨んでくることが予想される。ホセ・ペケルマン監督も、西野朗新体制となった日本への対策を慎重に進めているようだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング