アーセナル、32歳チェフにGKにクラブ史上最高給オファーへ

パリ・サンジェルマンの提示額の3分の2に当たる週給1900万円提示

 アーセナルはチェルシーのチェコ代表GKペトル・チェフ(チェルシー)にクラブのGK史上最高額の週給10万ポンド(約1900万円)を提示しているという。英地元紙「テレグラフ」が報じている。
 フランス王者パリ・サンジェルマンはチェコ代表守護神にアーセナルを上回る週給15万ポンド(約3000万)という破格のオファーを出していた地元メディアで報じられていた。しかし、32歳のチェフは11シーズン過ごしたチェルシーのホームタウンであるロンドンに留まることから、同じくロンドンを本拠地とするアーセナルへの移籍が濃厚な状況となっている。
 
 アーセナルのコロンビア代表GKダビド・オスピナにはトルコのフェネルバフチェ移籍の噂が流れ、わずか1年でチームを離れる可能性もある。チェルシーではベルギー代表GKティボー・クルトワとのポジション争いに敗れたチェフだが、数々のタイトル奪取に貢献。ガナーズ史上最高給守護神に相応しい実績を誇っている。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング