データで見る「W杯出場ベスト11」 英メディアが日本と同組3カ国から1人ずつ選出

(左から)ハメス、ネイマール、メッシ、ロナウド、デブライネ【写真:Getty Images】
(左から)ハメス、ネイマール、メッシ、ロナウド、デブライネ【写真:Getty Images】

香川の同僚もベストイレブンに選出

 ロシア・ワールドカップ(W杯)開幕を控え、各国のスーパースターたちが開催地に続々と集結している。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」は、今季の欧州5大リーグのデータを基準に出場32カ国からベストイレブンを選出。そこには、ポルトガルのFWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)や、アルゼンチンのFWリオネル・メッシ(バルセロナ)とともに、日本がグループリーグで対戦する全3カ国から1人ずつが選ばれている。

 データサイト「Whoscored.com」を参照に、2017-18シーズン(2017年8月3日から2018年5月21日)の平均採点でメンバーを選出。また、そのほかの選考基準として欧州5大リーグ(イングランド、スペイン、イタリア、ドイツ、フランス)で今季20試合以上に出場した選手、そして各国1人ずつという制限が設けられた。

 GKは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)王者レアル・マドリードの守護神であるコスタリカのGKケイラー・ナバス。同サイトによると、平均ポイントは6.94ポイントだった。

 最終ラインは、右からポーランドのDFウカシュ・ピシュチェク(ドルトムント/7.19pt)、ドイツのDFマッツ・フンメルス(バイエルン/7.27pt)、セネガルのDFサリフ・サネ(ハノーファー→シャルケ/7.34pt)、セルビアのDFアレクサンダル・コラロフ(ローマ/7.52pt)という顔ぶれになった。

 日本がグループリーグ第3戦で対戦するポーランドのピシュチェクは、昨年のW杯予選で右膝を負傷して長期離脱を強いられたが、年明けから復帰。ドルトムントでもベテランDFとしてチームを牽引し、来季のCL出場権獲得に貢献した。チームメイトの香川真司のプレーは、もちろん熟知しているはずだ。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング