またも注目株が中国上陸! マンUも認めたブラジル代表MFが広州恒大へ期限付き移籍

タリスカが、広州恒大へ半年間の期限付きで移籍することが決まった【写真:Getty Images】
タリスカが、広州恒大へ半年間の期限付きで移籍することが決まった【写真:Getty Images】

今季20得点で欧州ビッグクラブも注目

 マンチェスター・ユナイテッドも認めた逸材が、中国に上陸する。ベンフィカのブラジル代表MFアンデルソン・タリスカが、中国1部広州恒大へ半年間の期限付きで移籍することが決まった。

 ポルトガルの名門に籍を置くタリスカだが、2016年から2年間はトルコ1部ベシクタシュでプレーしていた。今季は公式戦20得点を挙げて高い得点力を見せつけ、欧州のビッグクラブも獲得に関心を寄せていた。

 そのなかでも、特に興味を示していたのが、“赤い悪魔”の愛称で知られるユナイテッドだと言われている。年代別代表が集まるトゥーロン国際大会などの出場経験もあるタリスカ。2014年当時のドゥンガ監督からはA代表にも初招集されているが、まだセレソンデビューは果たしていない。

 24歳の注目株は中国に進出するが、契約は6カ月間の期限付きだ。アジアでステップアップして欧州ビッグクラブ移籍を果たすのか。今後の動きにも注目が集まる。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング