ピルロ、海外移籍から一転してユベントスに残留か マロッタGMが明かす

テベス、ポグバにも言及

 米MLS移籍の可能性が浮上していたユベントスのイタリア代表MFアンドレア・ピルロが来季残留する見通しであることが明らかになった。ユベントスのジュゼッペ・マロッタGMが地元テレビ局「スポール・メディアセット」で明かしたもの。

 イタリア代表の司令塔は今季欧州CL優勝時には海外リーグでプレーする意向を示していた。決勝戦でバルセロナに敗れたが、試合後のピッチでマエストロは号泣。今季限りで退団を予想するOBやメディアの声は多かった。

 「いまのところ、ピルロが移籍する理由は存在しない」と強化責任者は残留を主張。そして、古巣ボカ・ジュニアーズなどの移籍の可能性が浮上しているテベスに関しては、「彼の決断をリスペクトする。我々は今週末までに彼の回答を希望している」と現状を説明。本人の決断次第で放出する意向を明らかにしている。フランス代表MFポール・ポグバについては様々なクラブが興味を持っていると状況を説明したマロッタGMは水面下でセリエAを4連覇中のチーム強化を進めている。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング