香川復活でドルトムントの攻撃に迫力を… ファン待望の“レシーバー”、最終節で輝けるか

香川、最終節のホッフェンハイム戦で復活なるか【写真:Getty Images】
香川、最終節のホッフェンハイム戦で復活なるか【写真:Getty Images】

ドイツ誌は最終節ホッフェンハイム戦に出場する可能性を報道

 トーマス・トゥヘル、ペーター・ボスといった監督の下で、香川真司は主力の一人に数えられていたわけではない。だが今季途中の昨年12月に、ペーター・シュテーガー監督が就任してからはレギュラーポジションを獲得し、7試合で3ゴール2アシストと結果を残していた。数字だけではなく、攻撃の起点として機能していただけに、2月以降に左足首の負傷で離脱となったのはチームにとっても痛かった。

 ドイツ紙「デア・ヴェステン」は、「香川の負傷離脱後、チームの中盤からスピードとダイナミックさをもたらし、狭いスペースでもボールを収めることができる選手がいなくなった。チームの攻撃が停滞したのと無関係ではない」と、香川不在時の影響を指摘。スポーツディレクターを務めるミヒャエル・ツォルク氏も、「負傷するまでシンジはとても効果的なプレーをしていた」と語っていたことがあった。

 現在のドルトムントは選手それぞれのコンディションと、その日の調子に左右されている。流れが上手くハマった第31節レバークーゼン戦では相手を一方的に追い込んで4-0と快勝。シュテーガー監督も「私がドルトムントに来て以来のベストゲーム!」と胸を張った。

 ところが、続く第32節のブレーメン戦は1-1の引き分け、第33節マインツ戦は厳しい残留争いの渦中にいる相手の激しさを前にミスも重なり、1-2で敗れた。

 安定感があるとは言えないチーム事情では、状況に変化を加えられる選手の存在が不可欠だ。調子を取り戻していた香川なら、そのプラスアルファを加える存在になるかもしれない――そんな復帰を待ち望むファンの声もあった。だがトレーニングに合流できても、また負傷箇所に痛みや違和感が生じてしまう。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!無料登録はこちら

page1 page2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング