Football ZONE WEB / フットボールゾーンウェブ

各国代表大会  |  日本代表  |  海外所属選手

2017.11.15 (Wed)

長友が組織的守備に手応えも「負けは負け」 ベルギーとの1点の“差”を痛感


ブラジル戦3失点から守備を修正 「集中した守備ができ、良いゲームができていた」

 

 日本代表は現地時間14日に行われた国際親善試合のベルギー戦に、0-1で敗戦した。国際Aマッチ101試合目の出場となったDF長友佑都(インテル)は、1失点でとどめた守備には一定の手応えをつかんだ一方で、「負けは負けなので悔しい」と敗戦という結果を噛みしめた。

 

 10日に行われたブラジル戦で、日本は序盤に守備の統率がとれず、前半のみで3失点。短期間でFIFAランキング5位ベルギー相手にどれだけ修正が図れるかを試されたが、この日は前半から素早いチェックとブロックを敷く守備が連動。長友も左サイドで堅実な守備を見せた。

 

「前半からチームが一つになって集中した守備ができ、良いゲームができていたが、負けは負けなので悔しい。決めるべきところを決められた。自分たちはチャンスがあったが、決められないのが差かなと思います」

 

 とはいえ、こう語ったのは後半27分にできた一瞬のスキをこじ開けられたから。MFシャドリのドリブル突破に対応できず、最後は要注意人物のFWルカクにヘディングシュートを叩き込まれた。その直後には途中出場のFW杉本健勇(セレッソ大阪)、FW乾貴士(エイバル)が立て続けにフィニッシュまで持ち込んだが、相手GKミニョレの冷静なセーブに阻まれた。

 

 

 

1 2

<  前の記事 次の記事  >
モバサカ CHAMPIONS MANAGER 公式サイト