柴崎、レアル戦は「勝てると思っている」宣言! 根底に流れる“2位も最下位も同じ”の鹿島イズム

前日会見に出席の柴崎 「早く試合をしたくてウズウズしている」

 FIFAクラブワールドカップ(クラブW杯)決勝でレアル・マドリード(スペイン)と対戦する鹿島アントラーズの「10番」MF柴崎岳が試合前日の記者会見に出席し、チーム内には「2位も最下位も同じだ」という鹿島イズムがあると話している。

 18日の決勝に対して「早く試合をしたくてウズウズしている」と話した柴崎は、「(レアルが相手でも)特別なことは何もしていない。食事もトレーニングも同じ。自分たちにフォーカスして、決勝でも自分たちのプレーをしたい」と意気込む。

 主将のMF小笠原満男からあった話として、優勝以外は同じだという鹿島イズムを口にした。

「レアルだからという感慨は特にない。僕らのチームはキャプテン(小笠原)が『2位も最下位も同じだ』と常々言っている。明日も、勝たなければ何も意味がない。勝利を収めたいと思っている」

 日本国内で最多18冠を勝ち取ってきた常勝軍団・鹿島の根底にあるのは、優勝以外に価値はないという結果に対する執着心であることを垣間見せた。明日の相手が欧州チャンピオンで世界でもベストチームの一つに数えられる歴史と伝統のあるレアルであったとしても、大会に出場する以上は優勝という強烈な思いを口にしている。

 

page1 page2

ランキング