アデバヨールが自らの過去を赤裸々告白 自殺を何度も試みた

狂気の兄弟

 トットナムFWエマニュエル・アデバヨールが、かつて家族間のトラブルから何度も自殺を試みた過去を告白している。自身のフェイスブックで明かした。
 すでに他界している兄コラさんとピーターさんは自動車関連事業の立ち上げのために、当時モナコでプレーしていたアデバヨールに資金の無心にやってきた。大金を要求され、これを断ると2人は昼寝しているアデバヨールの首にナイフを突きつけ、脅迫したという。
「もしも、これが唯一の解決策なら、私を殺してお金を持っていけばいい」
 狂気の兄に、そう訴えたところ、ナイフを下ろしたという。
 かつて他の兄弟が 、フランスのフットボールアカデミー時代に同僚の選手の携帯電話を盗んだことなど、アデバヨール家の衝撃的な現実をストライカーは赤裸々に明かした家族のトラブルの数々でアデバヨールは何度も自ら命を絶とうとしたという。この話に、15000人以上が「いいね」のボタンを押している。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング