2部の選手からわずか半年で72億円の価値に ベンゲル監督が新星MFを大絶賛

レンタルバックしたコクランがアーセナルをけん引

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督が、MFフランシス・コクランの大躍進を絶賛している。英メディア「スカイ・スポーツ」が報じている。
 コクランは2008年からアーセナルに在籍しているものの、レンタル移籍を繰り返し、チームに復帰したのは昨年の12月だった。当時、負傷者が続出したことで、クラブはコクランを2部のチャールトンからレンタルバックさせる決断をした。すると、圧倒的な運動量と球際の強さを評価され、瞬く間にガナーズの主力へと上り詰めた。
 ベンゲル監督は復帰後、いち早くチームにフィットし、不可 欠なキープレーヤーとなったコクランに対しての賛辞を惜しまなかった。
「世界は変わった。近年は、選手のクオリティーの評価は、支払われた金額によって判断されている。もしも、我々がコクランをクリスマスに4000万ポンド(約72億円)で獲得していたとすれば、彼が素晴らしいプレーヤーであることを誰も否定しなかっただろう。実際に、今の彼のパフォーマンスについて疑問を持つ者は誰もいないはずだし、もし新たにポジションを争うプレーヤーが加入してきても、彼は戦う準備ができている」
 シーズン序盤は不安定さを露呈していたアーセナルだが、今年に入ってからは無類の強さを披露。早々とUEFAチャンピオンズリーグ権を手中に収めた。その背景にはコクランの存在があったと言って も過言ではないはずだ。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング