ミランの新社屋「カーサ・ミラン」完成1周年祈念式典が開催

400人の子供たちを招待

 ACミランは、ミュージアム機能を併設させた新社屋の「カーサ・ミラン」完成1周年記念式典を行った。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。
 シルビオ・ベルルスコーニ会長の娘、バルバラ・ベルルスコーニCEOの肝いりの事業で、オープン1年間で31万1000人もの観客が来場した。370万ユーロ(4億8000万円)の利益をあげ、経営難に苦しむチームにとっては重要な収益源となっている。
 補強費捻出に苦しむミランにとっては、貴重な軍資金になりそうだ。近代的な建築で行われた式典には、ミラノ市内の子供たち約400人が招待され、盛大なパーティーが行われ た。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング