ミランがベルトラッチ獲得で合意へ 補強第一号は本田の新たなライバルに

100%保有を目指す

 ACミランが来季補強の第1号としてジェノアのイタリア代表MFアンドレア・ベルトラッチと合意に至ったことが明らかになった。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。
 ミランは、ジェノアが保有するトップ下とボランチを兼務できるベルトラッチの権利を買い取ることで合意に至ったという。ミランはジェノアの保有する50%の権利を買い取るため、推定700万ユーロ(約9億円)を支払い、アドリアーノ・ガリアーニCEOは残りの50%の権利を保有するASローマとの交渉に突入。100%の保有を目指すもようだ。
  ベルトラッチは今季リーグ7得点2アシストと結果を残しており、来季の日本代表MF本田圭佑と定位置を争うライバルになるかもしれない。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング