マンUが年間最優秀ゴールを発表 選出されたのは命運を分けたあのゴール

リバプールから奪ったマタの決勝弾

 マンチェスター・ユナイテッドは19日、クラブの公式サイトで年間最優秀ゴールを発表した。
 クラブの年間最優秀ゴールに選出されたのは、プレミアリーグ第30節リバプール戦で挙げたマタの決勝ゴールだった。後半14分にMFアンヘル・ディ・マリアの浮き球のパスをボックス右から巧みなジャンピングボレーでゴール左に突き刺した。これが決勝ゴールとなり、チームはUEFAチャンピオンズリーグ出場権を争っていたリバプールから貴重な勝ち点3を得ることになった。
 結果として 、この勝利が勝ち点差2まで迫られていた5位のリバプールを突き放し、トップ4フィニッシュを後押しする値千金弾となった。マタ自身も、この試合の活躍によって指揮官の信頼を勝ち取り、定位置奪取に成功している。マタは、年間最優秀ゴールの受賞に喜びのコメントを残した。
「非常にうれしい。このゴールを決めた瞬間は、試合でも重要な局面だった。アンヘルが素晴らしいパスを出してくれたよ。彼は、僕が前に抜け出ようとしたのを見ていてくれて、ダイレクトで合わせようと思った。運よくゴールになってくれたよ。オールド・トラッフォード、あるいはアンフィールドでも、リバプール戦の雰囲気は異なる。あの日は、ユナイテッドに来てから最高の日だった。チームにとっても重要な勝利だっ たし、とても良い瞬間だった」
 選出されたマタのゴールがファン投票数全体の60%を占めており、圧倒低な支持率となった。マンUにとって命運を分けることになった貴重な決勝ゴールは、サポーターと、マタ自身にとっても記憶に残るゴールとなったようだ。
【了】
サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング