“ブンデス最強FW”レバンドフスキの争奪戦が過熱 プレミア二大クラブも参戦か

今夏の移籍を熱望 レアル、PSGに続いてマンU、チェルシーも名乗りか

 バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは、今夏の移籍を熱望していると伝えられている。引く手あまたのストライカー争奪戦にレアル・マドリードやパリ・サンジェルマン(PSG)に続いて、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドとチェルシーも参戦すると、英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じている。

 レバンドフスキはバイエルンとの契約を2021年まで残しているが、先日新たな代理人として敏腕ピニ・ザハヴィ氏を雇った。ブンデス王者からの移籍交渉に臨むと伝えられており、各国メディアもこの点取り屋の去就に注目している。

 記事では「ポーランドのキャプテンはバイエルンから離れることを熱望しており、彼の将来は今後2週間で明らかになる」と報じられている。

 レアル・マドリードへの移籍の噂が以前から上がっているほか、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ退団の可能性が浮上しているPSGも候補となっている。そして、この熾烈な争奪戦にユナイテッドとチェルシーというプレミアの二大クラブも参戦するという。ブンデスリーガ得点王を二度獲得した希代の点取り屋の去就から目が離せない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング