岡崎の同僚MFマフレズ、シティ移籍消滅 市場最終日にオファーもレスターが放出容認せず

「100億円+選手一人」でシティ側が最終オファーも決裂と英メディア報道

 FW岡崎慎司が所属するレスター・シティのアルジェリア代表MFリヤド・マフレズは、マンチェスター・シティ行きが浮上していたが、最終的に交渉は決裂したという。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じた。

 同局は移籍市場の最終日となる1月31日、6500万ポンド(約100億円)プラス選手一人の“最終オファー”をシティが投じたと伝えていた。しかし、レスターはマフレズの放出を容認しなかった模様だ。

 レポートでは「シティはこれ以上マフレズの獲得に動くことはない。見送られた」とされて、決裂が報じられている。

 2015-16シーズンにマフレズは“ミラクル・レスター”の司令塔として活躍し、左利きの“魔術師”とも評され、岡崎らとプレミアリーグ制覇に大きく貢献。近年はビッグクラブへの移籍願望が見え隠れしていた。

 すでにマフレズの心はレスターを離れ、練習欠席などでチームメートとの関係も悪化とレポートされていたが、移籍市場の最終日に舞い込んだオファーでシティ行きが消滅している。果たして、マフレズは後半戦のピッチでモチベーションを維持することができるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング